上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
16.jpg
屋根完成!
コーキングで水を止めるのではなく、板金で防水できるように設計しました。
めちゃくちゃ手間かかるので、これみて真似する人もいないだろうけど・・・・・・・。
写真だけでは分からないけど、相当考えて造りこんでいます。
当初は、さらにこの上にFRP防水をしようかと考えていましたが、予算的に無理でした。
17.jpg
トップライトも完成!!
既製品のトップライトより全然信頼できるものを造りました。
たとえ壊れても、上から直せます。
18.jpg
外壁も完成!!!
サッシ周りは、シール(コーキング)を二重に打っていきます。(分かりにくいですが、色も二種類のものを使ってます)
デコボコしてて難しいので、職人さんも綺麗に打つことが出来ず、結局自分でやりました。(これで首を痛めました)
通常の外壁は一重でシュッってやって終わりですが、これは、時間にして4倍ぐらいかかりました。


スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.05.28(Thu)17:32 | 仕事 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
15.jpg
これで、屋根下地のすり合わせ完了!!!(既設ガルバ屋根との微妙な段差も無くなりフラットになりました)
施工中の変更や調整等もせずに一発で完璧に収まりました!
ここからは、いつもの工程とほとんど同じです。

これだけ苦労しても、残念ながら完成すれば見えなくなってしまいます。(当たり前ですけど)
知っているのは、私と大工のみです。(あ、そーいえば隣のマンションの3階から毎日話しかけてくれたおばちゃんもしってるかも?)
この記事のURL | 2009.05.20(Wed)15:19 | 仕事 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
12.jpg
3種類の屋根をすり合わせていきます。
①既設の屋根②登り梁の屋根③通常の屋根
あらかじめ調査しまくって予測して書いた図面と3㎜以内の誤差で収めたいと思っていたのですが、それ以上(実際誤差無し)の精度でした。(相当うれしい瞬間です!)
13.jpg
見よ、この精度!!ヽ(゚`∀´゚)ノ まだガルバの厚みが出ていますが、シートでピッタシに!
14.jpg
さらにこの上全面に一般の屋根下地を組んでいきます。(この上に屋根を葺くんじゃあ芸がありません)防音 断熱 空気層 防水 をサンドイッチします。
一応 ローコストなんで、やりすぎに注意?・・・・・・・。

この記事のURL | 2009.05.17(Sun)11:22 | 仕事 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
9.jpg
10.jpg
ありとあらゆるところに 筋交い 火打ち梁 補強金物 などを入れていきます。
あらかじめ軸組図を何枚も書いて、バランスを確認していますが、現場では図面より多くいれました。
補強完了!!

この記事のURL | 2009.05.10(Sun)10:03 | 仕事 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
いよいよ着工です。
5.jpg
養生をして、接合部分をむき出しにしていきます。
6.jpg
構造が図面と合っているか再チェック。
7.jpg
ここで一旦作業を止めて材料搬入。
8.jpg
1階で生活しながらの作業なので、材料搬入後、雨養生の為建物全体をドームのように包みます。

この記事のURL | 2009.05.09(Sat)07:44 | 仕事 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
リンク
KEN設計室へお問い合わせをしたお客様へ
お好きなカテゴリー選んでね
大物の写真(随時更新予定)
カレンダー
月別アーカイブ
最近の記事
みなさんからの最近のコメント
ブロとも申請フォーム
このブログを今見てる人
このブログを今まで見てくれた人
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報
おすすめ商品2
おすすめ商品3
おすすめ商品4
おすすめ商品5
おすすめ商品6
おすすめ商品7
超初心者用1
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。